職場の報連相「基本のキ」

一般受講料:12,100円

特別受講料:9,900円

講座コードI-97

受講期間2ヶ月

難易度初級レベル

「報連相」はすべてのビジネスの基本です!

“できる人”の仕事の進め方を、報連相という切り口から学習する!

「報連相」とは、「報告」「連絡」「相談」の3つの頭文字の愛称で、すべての職場におけるビジネスの基本です。

職場における仕事は、上下左右に複雑に分業されており、ひとりで仕事を完結させることはできません。つまり、周囲とうまく「報連相」できないと、組織としての仕事は成り立たないといえます。上司・先輩・同僚・部下・・・ 周囲の人たち同士がしっかりと報連相し合うと、効率的で楽しい仕事ができるようになります。

この講座では、「報連相」のノウハウを学習し、“できる人”の仕事の進め方のコツをつかみ、ビジネスの質を向上させることを目標とします。

学習目標

  • ケーススタディーを多く取り入れた、身に付きやすい内容です。
  • 全52項の読切り形式で、効率よく学習することができます。

『基本のキ』シリーズ

教材構成

使用教材

  • テキスト1冊+別冊1冊
  • レポート(提出回数2回)
    ※初回提出時にマークシートかWeb提出のどちらかをお選びください。

著者

  • 糸藤 正士(日本報連相センター 代表)

カリキュラム

No. 主な項目
1 はじめに なぜ「報連相」が必要なのか

  1. 報連相は“自分のためになる”仕事の進め方のコツ
  2. 報連相は組織(チーム)のために必要
  3. 「3つの視点」、「3つの深度」、「3つに分割」
  4. よい人間関係は、よい報連相の基盤
  5. よい挨拶がよい人間関係の入り口
    • コラム1 ちょっとした挨拶が嬉しい

第1章 よい報連相(=よい仕事の進め方)をしよう/報告

  1. 「報告」と「仕事」を整理してみると
    • コラム2 「すぐ処理」
  2. 5W2H…もう1つのHは何でしょうか?
  3. TPO(相手の状況)に配慮して、報告しよう
  4. 報告ミスは素直に謝り、再発しないようにしよう
    • コラム3 「折り返し電話」
  5. 報告にもコスト意識をもとう
  6. 「飛び越し指示」への対応、2つの原則を心得よう
  7. 目的によって、仕事の進め方(報連相)を変えよう
  8. 目的意識をもったよい報連相
  9. 状況が変わったら中間報告が必要
  10. 中間報告では「複数案」を考えよう
  11. 長い期間を要する仕事と中間報告
  12. 仕事の終了のメドと中間報告
  13. 中間報告は、終了報告よりも大切
  14. 報告書の提出期限が過ぎた中井君
  15. 報告はどこまで正直であればよいのか
    • コラム4 自分の良心に反する手段での仕事
  16. 異常を感じたとき、異常が起こったときの報連相
  17. 「3つに分割」するとわかりやすい
  18. わかりやすい口頭報告の仕方/「3つに分割」
  19. わかりやすい報告書/「3つの視点」と「3つに分割」
  20. 電話による報連相で、気をつけたいこと
  21. メール、FAXによる報連相で気をつけたいこと
  22. 報告のレベルを自己チェックしよう
2 第2章 よい報連相(=よい仕事の進め方)をしよう/連絡

  1. 発信は、連絡ではない
    • コラム5 知らば見えじ、見ずば知らじ
  2. 情報の共有化を深める連絡1/事実情報の共有化
  3. 情報の共有化を深める連絡2/意味の共有化
  4. 情報の共有化を深める連絡3/意味と気持ちの共有化
  5. 情報の共有化を深める連絡4/気持ちの共有化
  6. 3人の父ちゃん/新人が周りの人を動かす方法
  7. 部下が上司を助ける「補佐」
  8. 勇気をもって、悪い情報ほど早く知らせよう
  9. 「座右の銘」を持とう
  10. 連絡のレベルを自己チェックしよう

第3章 よい報連相(=よい仕事の進め方)をしよう/相談

  1. 相談を受けている上司は困っています
  2. 相手にわかりやすく相談しよう
  3. 相談した人への報告(お礼と近況報告)
  4. 相手の心を聴く「積極的傾聴」が、情報の共有化を深める
  5. 3人のお母さんの「きき方」の違い
  6. いろいろなことが、相談の形でできます
  7. 相手のパーソナリティーに応じた報連相
  8. 依存的人間と自立的人間
    • コラム6 守破雛(しゅはり)
  9. 仕事以外のことでも悩んだときには相談しよう
    • コラム7 職場で、法令に抵触する可能性があることに気づいたら
  10. 相談のレベルを自己チェックしよう

まとめ 報連相を活用するために

  1. 「科学的接近」と「PDCAサイクル」で報連相をレベルアップ
  2. チームワークを高める報連相
  3. 「報連相」通信教育講座の受講修了報告書
  4. 「報連相」講座の著者から、上司へのお願い
    • コラム8 ?啄同時(そったくどうじ)
  5. おわりに/名言集と、報連相の行動10ケ条