差がつく物流「基本のキ」

一般受講料:12,100円

特別受講料:9,900円

講座コードH-10

受講期間2ヶ月

難易度初級レベル

工場出荷から消費者に届くまでの物流の基礎を学ぶ。

物流の基礎についてわかりやすく丁寧に解説!

経済を取り巻く激しい環境の変化の中で、昨今の国際経済社会の動向を見ても、貿易立国の日本は、物の輸配送等をつかさどる物流なくして生きてはいけません。また景気も上向き加減ともなっており、それに伴い、物流の重要性は一層増大しております。
しかしながら、物流の諸々の書籍を見てみても、とかく難しく書かかれているのが多いのが現状であります。

本講座は初めて物流を学ばれる方、物流を学び直してみたい方に、わかりやすく学んで頂くことを目指しています。内容が広範囲にわたるため、全てを深く解説できませんが、できる限りわかりやすく解説し、学び続けていただけるよう工夫いたしました。

学習目標

  • わかりやすい物流の解説を求められている方々へ、物流とは?そして物流のしくみと機能についてまず学びます。
  • 上記をベースに物流管理と物流戦略そして、昨今の物流の新しい展開について学び、工場出荷から消費者に届くまでの物流の基礎を学びます。

『基本のキ』シリーズ

教材構成

使用教材

  • テキスト1冊
  • レポート2回

※初回提出時にマークシートかWeb提出のどちらかをお選びください。

著者

  • 木部 美春(経営創研(株))
  • 沼田 邦男(経営創研(株))
No. 主な項目
1 第1章 「物流」とは何だろう

  1. 物流とは?
    1. 物流の役割について
      1. 人格的な隔たり
      2. 場所的・空間的な隔たり
      3. 時間的な隔たり
    2. 物流の基本活動
      1. 輪(配)送
      2. 荷役
      3. 保管
      4. 流通加エ
      5. 包装
      6. 情報管理
    3. 物流の諸概念について
      1. ミクロ物流
      2. マクロ物流
      3. 国際物流
  2. ロジスティクスと物流について
    1. ロジステイクスについて
    2. 物流とロジスティクスとの違いについて
      1. 物流管理とロジスティクス管理との違い
      2. 静脈物流について
      3. サプライチェーン・マネジメントとは
      4. ブルウィップ効果とは
  • 第1章学習のまとめ -物流達人への道

第2章 物流のしくみと機能

  1. 物流ネットワークの基本
    1. 物流体系としてのネットワーク
    2. 物流ネットワークの基本
  2. 輸送コストは物流費に占めるウエイトが大
    1. 販売価格に占める輸送費の上昇について
      1. 売上高対物流コスト比率
      2. 物流コスト構成比の推移
      3. 軽油価格高騰の影響
    2. 輸送費を下げるには?
      1. 幹線輸送の共同化
      2. 求車求貸システム
      3. 物流施設の共同化
      4. その他
  3. 国内貨物の輸送量
    1. 国内貨物輸送量の推移
    2. 輸送機関別分担率:トン
    3. 輸送機関別分担率:トンキロ
  4. それぞれの特性に応じて選択すべき輸送機関
    1. トラック
      1. トラック事業者数の推移
      2. トラック運送事業の種類
    2. 鉄道
      1. 鉄道輸送の2つのシステム
      2. ユニットロード化
    3. 船舶
      1. 品目別輸送量
      2. 輸出の品目別上位5品目
      3. 輸入の品目別上位5品目
      4. 港湾の種類
    4. その他
      1. 航空輸送の特徴
      2. 航空輸送における品目別金額構成比
      3. 国別空港施設
  5. 保管について
    1. 主たる3つの機能について
      1. 「需給調整」機能
      2. 「輸送調整」機能
      3. 「物流拠点」機能
    2. 保管貸物の現況把握方法
      1. 実地棚卸しとは
      2. 実地棚卸しの種類
      3. 実地棚卸しの意義
      4. 実地棚卸しの手順
  6. 荷役について
    1. 荷役の役割について
      1. 物流センターなどにおける荷役の具体的な作業
      2. マテハン機器
      3. ピッキング
    2. 荷役合理化への着眼点について
      1. ユニットロードシステム
      2. 標準化
  7. 在庫管理について
    1. 在庫管理の基本について
      1. 在庫を持つ目的と在庫管理
      2. 発注方式
    2. 在庫削減の方法・着眼点について
      1. 死蔵品の発見
      2. 過剰在庫
      3. 扱い品目の整理
      4. 在庫拠点数の削減
      5. 販売計画の精度向上など
  8. 包装について
    1. 包装の機能・目的について
      1. 包装の分類
      2. 包装の機能
      3. 包装の目的
    2. 効率化のための包装設計の着眼点について
  9. 流通加工とは
    1. 流通加工および機能について
      1. 流通加工とは
      2. 機能
      3. 流通加工の種類
    2. 効率化のための着眼点について
      1. ICを使った効率化
      2. 生産と流通の統合による効率化
  10. 物流情報システムの体系
    1. 物流情報システムの機能
      1. 物流情報システムの機能の概念
    2. 作業管理レベル
      1. 基幹系の事務処理システム
      2. WMS(倉庫管理システム)
      3. TMS(輪配送管理システム)
    3. 計画統制レベル
      1. 計画・管理業務
    4. 戦略計画レベル
      1. 国家的な見地
      2. 戦略計画レベルの考え方
  • 第2章学習のまとめ -物流達人への道
2 第3章 物流管理と物流戦略

  1. 物流コスト管理の考え方について
    1. 従来の物流コストの考え方
      1. 物流コストに関する統一基準の誕生
      2. 従来の考え方から、『物流ABC』が中小企業庁から提供されるまで
      3. 物流業界の『物流ABC』への期待
    2. 新しい物流コスト管理の考え方
      1. 物流ABCの考え方
      2. 物流ABC導入の流れ
      3. 事例による物流ABC理解のポイント
      4. 物流ABC算定のステップの考え方
      5. 物流ABCと物流コストマネジメントの考え方
      6. 事例による説明
      7. 物流ABC導入への留意点
    3. 現在の物流コストの考え方、方向
  2. 物流ネットワーク構築の基本
    1. 物流サービスと物流ネットワーク
      1. 物流ネットワークの決め方のポイント
      2. 広がる物流ネットワークの再構築
    2. 物流ネットワーク構築のあるべき方向性
  3. 物流効率化の手順
    1. 物流効率化の手順
  • 《物流効率化のポイント・着眼点》
  • 第3章学習のまとめ -物流達人への道
  • 物流コスト低減へのヒント

第4章 物流の新しい展開

  1. 情報化時代の物流
    1. IT物流への対応
      1. バッチ(月次、日次等束にして扱う)処理からリアルタイム処理へ
      2. インターネットと情報ネットワーク技術の進展
      3. ITが物流に及ぼす影響の流れ
      4. 物流に携わる人たちのIT利活用の考え方
    2. 情報化時代の物流について
      1. Web2.0情報化革命の進展と物流との関係
      2. 物流での在庫管理等の概念を変えるロングテール現象
      3. 物流に携わる人たちのIT利活用
      4. e(電子商取引)ビジネスと多頻度小口化について
  2. 循環型社会の物流について
    1. 環境問題が変える物流
      1. 環境問題が変える物流の背景
      2. 物流(業界)における環境問題対策への取組み
      3. エコドライブ普及・推進プラン
    2. 循環型社会の物流
      1. 環境省所官の「循環型社会基本法」について
      2. 循環型社会の物流について
      3. 具体的な物流業界での取組み事例
  3. 国際化とグローバル・スタンダード
    1. 国際化におけるわが国の現状・位置づけ
      1. 国際化の状況と位置づけ
      2. グローバル・スタンダード
    2. 国の施策『総合物流施策大綱』の流れ
    3. 国の施策の民間による取組み
      1. 個別企業での対応の方向についての事例
      2. グローバル物流最適化への課題
  4. 物流のアウトソーシングについて
    1. 物流のアウトソーシングの進展
    2. サードパーティー・ロジステイクス(3PL)
  • 第4章学習のまとめ -物流達人への道