食育メニュープランナー®養成講座

一般受講料:25,300円

特別受講料:22,000円

講座コードJ-22

受講期間6ヶ月

難易度上級レベル

新しい資格、食育メニュープランナー®を取得できます!

健康な体を守る、正義の味方!それが「食育メニュープランナー」!

私たちの身体は、毎日食べているものからできています。その当たり前のことが忘れられがちな現在では、あやまった食生活からメタボや低体温症と診断され病気の予備軍と目される人、またストレスからうつ病になる方も増えています。健康は食によって作られていると言っても過言ではありません。

食を楽しく健康に。この食に対する大原則を今こそ見直すべきなのではないでしょうか。

食育メニューとは、一汁三菜を基本として、年代や状況に応じたバランスの良い献立のことを言います。春夏秋冬の季節を食事で楽しみ、地域の食文化を伝えていく、毎日の食事の積み重ねが、人々の健康と心豊かな生活をつくってくれます。食について学ぶことは、良い事づくめなのです!

本講座を利用すれば、「食についての大切さ」、「食べることの楽しさ」などを理解するだけではなく、学んだことを人に伝えられるようになります。もちろん食育メニューに関する知識も身に付けることができます。

食育メニュープランナーを目指す方はもちろんのこと、純粋に「食」というものを真剣に勉強したいという方にもオススメなのが本講座です。本講座を学んで、食の大切さというものを学んでいきましょう!

食育メニュープランナー®は、どんな人?

  1. 食の大切さについて、人に伝えることができる人です。
  2. 年代や状況に応じた食育メニューを提供することによって、人々が健全な心身を培い、豊かな人間性を育むことに寄与する人です。
  3. 地域の中の食文化を伝え、食の楽しみを伝えることができる人です。

食育メニュープランナー®は、NPO法人みんなの食育が認定します 『食育メニュープランナー®』は、「食の意識、食事の知識、食育の認識」を理解し、的確なメニューを提供できる方であることを「NPO法人みんなの食育」が、認定するものです。

*「食育メニュープランナー®」は、NPO法人みんなの食育、職業訓練法人日本技能教育開発センターが協力して提供する新たな資格です。

学習目標

  • 年代別、症状別の食育メニューを学びます。
  • 食べ物の大切さを考えます。
  • 食べることの楽しさを人に伝える方法を学びます。
  • 家庭での毎日の食卓に、学校や保育園の給食に、介護施設や病院の食事に、飲食店のメニュー開発、食品の商品開発などに、食育メニューを提供していきましょう。

資格の取り方

  1. 食育メニュープランナー®養成講座の受講
  2. 「みんなの食育」による指導
  3. 修了
  4. 「みんなの食育」に申請
  5. 認定
  • 「みんなの食育」への申請料3000円が別途かかります。
  • 「みんなの食育」では、食育メニュープランナー®の方に、食育情報を提供していきます。

食育の関連講座

健康関連講座

教材構成

使用教材

  • テキスト1冊
  • レポート(提出回数4回)

監修

  • 特定非営利活動法人 みんなの食育

カリキュラム

No. 主な項目
テキスト 【講座スケジュール】

  • プロローグ たべるってたいせつだね
  • チャプター1 食べたものが「私」になるまで
  • チャプター2 食べかたを考えてみよう
  • チャプター3 食育メニューのつくりかた
  • チャプター4 食べものを大切にしよう
  • チャプター5 食の楽しさを伝えよう
レポート 【レポート提出テーマ】

  1. バランスのよい食事の取りかたを考えよう
  2. 一汁三菜の献立を作ろう
  3. 食べものの大切さを考えよう
  4. 学んだことを伝えよう

講座Q&A

Q:食育メニュープランナーとは何ですか。

食育メニュープランナーは、「食べること」の大切さを理解し、「食べ物」を大切にあつかう、心豊かな生活を送るための「食育メニュー」を提供できる人に与えられる資格です。

本講座で学習し、一定のレベル(レポート提出の結果から判断いたします)に達した方に食育メニュープランナーの資格が与えられます。

Q:テキストについて教えてください。

本講座のテキストは全てカラー印刷であり、家庭科の教科書のような作りになっています。

「食」というものについてあまり知られていない知識や、食事メニューの作り方等が記載されています。

また、実際に健康的な食事の作り方の記載もございますので、座って学習するだけではなく、実践もできるようになっております。

Q:レポート課題に自信が全く持てないのですが…

本講座のレポート課題は、実際にメニューを考えていただくものです。一般的な資格試験とは違い、答えが一つということはあり得ません。どうしてこのようなメニューを考えたのかについて、しっかりとお答えいただければ問題ありません。
また、メニュー作りを本講座で学んでいきますので、きちんと学習していただければ、楽しくレポート課題に取り組むことができます。

あまり深く考えず、自分が食事を作る時を想像しながら、楽しく取り組んでください。