食育講座(畜産編 肉・卵・乳製品)「Foods How?」

一般受講料:22,000円

特別受講料:18,700円

講座コードJ-03

受講期間6ヶ月

難易度初級レベル

ついに登場!フードインストラクター認定講座!<肉・卵・乳製品編>

普段目にする「お肉」「牛乳」「卵」の新しい知識を手に入れる!

「食育」とは、私たち一人ひとりが、健康でバランスのとれた食生活に必要なことがらをきちんと理解し、その考えを周りの人々に伝えていくことです。

本講座では、牛肉・豚肉・鶏肉のことから牛乳・乳製品・卵まで、その種類や栄養機能から流通の仕組みに至るまで、畜産物に関する深い知識を手に入れることができます。

「お買い物をするとき、ラベル表示のどこを見ればいいの?」「安全な食生活を送るために、どんな取り組みが行われているの?」など、知っているようで知らなかったこと、間違って理解していたことなど、畜産品に関する情報が満載で毎日の食生活に役立つ知識がしっかり身につきます。

お肉と聞くと、どうしても健康に良くないイメージがありますが、それは間違った知識です。このような間違った知識をこれ以上持たないためにも、きちんと学習していく意味はあります。

また、BSEや鳥インフルエンザなど、消費者にとって、興味関心があるテーマについての正しい知識も身につくと共に、同梱するレポートによるフォローで受講生一人ひとりの理解を促します。もちろん、おいしく食べるための調理法についても学ぶことができます。

畜産物についての深い知識を手に入れて、家族の食卓をにぎやかにする料理を作っていきたい方は、是非本講座をご活用ください。

学習目標

  • 牛肉と乳製品、豚肉とハム、ソーセージ、鶏肉と卵の栄養成分と機能、調理法や保存法、料理までを体験する。

食育の関連講座

健康関連講座

教材構成

使用教材

  • テキスト1冊
  • 副読本1冊「たべるってたいせつだね」
  • レポート(提出回数4回)

監修

  • 特定非営利活動法人 みんなの食育

カリキュラム

No. 主な項目
テキスト Prologue 肉を食べると元気になるね

  • なんでお肉を食べたほうがいいの?
  • お肉の食べ方いろいろ
  • 牛乳のちから
  • 卵のちから
  • ラベル表示はこう見る!

Chapter 1 畜産にまつわるはなし

  • 食肉のはじまり
  • 日本ではお肉をいつから食べているの?
  • 牛乳は偉大なる食の功労者
  • ハム・ソーセージ類は必然から
  • 卵が先か鶏が先か…

Chapter 2 牛肉・牛乳・乳製品の基本

  • 知ってる?牛肉のこと
  • 牛肉の部位 正しくわかる?
  • 牛肉が口に運ばれるまで
  • ニッポンの牛肉事情
  • BSEについて正しく理解しよう
  • わかれば安心。牛肉トレーサビリティ
  • 牛肉を買うときに知っておきたいこと
  • 全国銘柄牛マップ
  • 牛肉の定番料理 キホンのキ
  • もっと知りたい!牛肉の知識
  • 知ってる?牛乳のこと
  • 牧場を見学してみよう
  • もっと知りたい!牛乳の知識
  • 知ってる?乳製品のこと
  • ナチュラルチーズのいろいろ
  • ヨーグルトのいろいろ
  • 乳酸菌はエライ!働きとその効能を大公開
  • もっと知りたい!乳製品の知識
  • 牛乳・乳製品の料理 キホンのキ

Chapter 3 豚肉・ハム・ソーセージ類の基本

  • 知ってる?豚肉のこと
  • 豚肉の部位 正しくわかる?
  • 豚肉が口に運ばれるまで
  • 養豚場の仕事
  • ニッポンの豚肉事情
  • 豚肉を買うときに知っておきたいこと
  • 全国銘柄豚マップ
  • 豚肉の定番料理 キホンのキ
  • もっと知りたい!豚肉の知識
  • 知ってる?ハム・ソーセージ類のこと
  • ハム・ソーセージ類ができるまで
  • ハム・ソーセージ類の種類
  • その他のハム・ソーセージ類
  • ソーセージをつくってみよう
  • もっと知りたい!ハム・ソーセージ類の知識

Chapter 4 鶏肉・卵の基本

  • 知ってる?鶏肉のこと
  • 鶏肉の部位 正しくわかる?
  • ニッポンの鶏肉事情
  • 鶏肉が口に運ばれるまで
  • お肉になる鶏の飼育
  • 鳥インフルエンザの正しい知識
  • 鶏肉を買うときに知っておきたいこと
  • 全国銘柄鶏マップ
  • 鶏肉の定番料理 キホンのキ
  • もっと知りたい!鶏肉の知識
  • 知ってる?卵のこと
  • 卵には栄養がたっぷり
  • 卵が口に運ばれるまで
  • 養鶏場ってどんな所?
  • 鶏のカラダってどうなってるの?
  • 卵は世界中みんなのもの
  • 卵の定番料理 キホンのキ
  • もっと知りたい!卵の知識
  • 日本全国 肉料理マップ
  • 世界 肉料理マップ
  • いろいろな家畜とジビエ

Epilogue お肉のこと、いろいろ

  • これからの畜産 -アニマルウェルフェアと有機畜産-
  • 牛肉の達人に聞く -おいしい牛肉のある食卓-
  • 役立つ 畜産品用語講座
レポート
  • 1回目 「Prologue、Chapter 1、2対応」
  • 2回目 「Chapter 3対応」
  • 3回目 「Chapter 4対応」
  • 4回目 「まとめ」

受講者の声

女性

健康のことが気になる年齢になり、自分なりに食生活の改善を考えはじめました。畜産品(特に豚、牛の食肉)に対する偏見もあり、実際敬遠してしまうところもありました。今回、いろんなことを学ぶことによりイメージ・感じ方・接し方が変わってきて、あまり抵抗を感じなくなってきました。
「食育」というと難しく考えすぎてしまいますが、私たちが食べる時に美味しく安全に食事をできることを感謝し、考えて食べる!ということなのでしょうか。
食の現在、将来を考えて努力していきたいです。

女性

安全性がわからない肉がたくさん出回っていることを学びました。また、価格の中には食肉の育成や生産工程の値段が含まれていることを知りました。
これからは良いものを選ぶ目をもち、「安いもの」ではなく「良いもの」を選んでいきたいと思います。食育は、「食」に関わるすべての人たちと心をつなぐきっかけであるように感じています。

女性

中学生と高校生の息子に合わせて、我が家のメニューは肉料理中心です。しかし、牛肉偽装やBSE問題などに触れ、消費者として製品を見きわめる知識が必要だと痛感しました。