シーケンス制御の基礎(自動化のしくみ)

一般受講料: 19,800 円

特別受講料: 17,600 円

講座コード:S-38

受講期間:3ヶ月

難易度:初級レベル

自分一人でも理解できる!好評のテキストでシーケンス制御を学ぶ!

もし、シーケンスの学び方がわからないのであれば、本講座をご利用ください!

生産工場の設備や機械の自動化・省力化・無人化が進み、制御技術も進歩しつつあります。なかでもシーケンス制御は最も基本的な技術であり、重要な役割を担っています。シーケンス技術の歴史は古く、50年前には実用化が確立され普及してきました。しかし工学的理論の体系化が遅れていて「現場の実学」と言われています。

シーケンスの原点は有接点リレーですが、プログラマブルコントローラの普及によりPCプログラムでのシーケンスロジックの学習が不可欠となりました。時代の変化に対応できるような、シーケンスに対する知識をつけていくことが必要になっているのです。

本講座は、工場設備の保全を担当している技術者を対象に、制御のABCからリレー回路を中心にした実際のシーケンス制御の考え方、図面の読み方、保全の基礎知識などを習得できるように構成されています。また、PCによるプログラム事例も紹介しており、シーケンスについて学ぶべきことを全て網羅しております。

テキストは、図解や事例問題も多く載せており、理解しやすいと好評です。基本的な事柄から応用的な事柄まで書かれています。このテキストがあれば、誰でも、自分一人で学習し、理解することができます。

また、お値段も1万円台であり、大変お安くなっております。他の通信講座とぜひとも比較してみてください!比較してみると、JTEXの講座は、非常にお求めやすいとおわかりになると思います!

自分一人で学習できると言っても、何かわからないところが出てくると思います。そのような場合には講師に質問を行うことができます。サポート面でも充実している講座ということができます。シーケンスを学ぼうとお考えの方は是非本講座をお試しください!

学習目標

  • シーケンス制御の基本概念が理解できます。
  • リレーシーケンスの基本的回路が理解でき、簡単な回路が組めるようになります。
  • シーケンス図記号を理解し、シーケンス回路図が読めるようになります。
  • 点検・保全の基礎知識が得られます。

ここが講座のポイント

  • 2冊のテキストで、基礎から丁寧に学習をしていきます。
  • 受講者の方の声を取り入れながら、適宜テキストを改訂しています。
  • 受講後も役に立つテキストです。

充実のサポート

  • 資格取得対策講座ではありませんが、レポート3回で学習の確認を行います!
  • レポートの講評等を的確に行っていきます!
  • 在籍期間中は、質問券を使って講師に質問ができます。

シーケンス制御の基礎(自動化のしくみ)の関連講座

教材構成

使用教材

  • テキスト2冊(「上巻」・「下巻」)
  • レポート(提出回数3回)

編集

  • 出雲 章弘(元(株)安川電機)

カリキュラム

No. 主な項目
1 第1章 オートメーションとシーケンス制御

  1. 制御とは
  2. 制御の種類
    • アナログ制御
    • ディジタル制御
    • シーケンス制御
    • フィードバック制御
    • アナログ制御とディジタル制御
  3. シーケンス制御の構成
  4. シーケンス制御の役割
  5. シーケンス制御の歴史

第2章 制御機器の種類

  1. 制御機器の分類
  2. 論理回路用機器(電磁リレータイマ・カウンタ)
    • 電磁リレー
    • タイマ
    • カウンタ
  3. 指令用機器(操作スイッチ)
    • 操作スイッチの種類
    • 押しボタンスイッチ
    • 切換えスイッチ
  4. 検出用機器
    • マイクロスイッチ(基本スイッチ)
    • リミットスイッチ
    • 近接スイッチ
    • 超音波スイッチ
    • 光電スイッチ
    • その他のスイッチ
  5. 制御操作用機器
    • モータ駆動基本回路
    • 電磁接触器・電磁開閉器
    • 配線用遮断器
    • 漏電遮断器
    • インバータ
    • サーポアンプ
  6. 表示・警報用機器
    • 表示灯
    • 指示電気計器
    • 警報用機器(ベル・ブザー)
  7. 操作駆動用機器
    • モータ(電動機)
    • 電磁クラッチ
    • ソレノイド
    • 電磁バルブ
  8. 配線用器具
    • 電線とケーブル
    • ヒューズ
    • 端子台(ターミナル)
  9. 制御盤
    • 開放型制御盤
    • 閉鎖型制御鵬
    • デスク型制御盤
    • ベンチ盤
    • 制御柱(現場操作盤)
    • コントロールセンタ
2 第3章 シーケンス論理回路(有接点リレー)

  1. 反応槽のシーケンス
  2. 基本回路
    • ON回路(a接点回路)
    • OFF回路(b接点回路
    • 切換え回路(c接点回路)
    • AND回路(直列回路)
    • INHIBIT回路(禁止回路)
    • OR回路(並列回路)
    • 自己保持回路
    • 自動復帰と非自動復帰
  3. 組合せ論理回路
    • AND-NOT回路
    • OR-NOT回路
    • 不一致回路
    • 一致回路
    • モード選択回路
  4. 順序制御論理回路
  5. インタロック回路
  6. 運転イン`タロツク
  7. タイマ回路
    • オンデイレータイマ(限時動作瞬時復帰)回路
    • オフデイレータイマ(瞬時動作限時復帰)回路
    • パルス発生回路
    • フリツカ回路
    • 順序起動回路
  8. 回路を作ってみよう(理解度チェック)
    • 簡易油圧プレス装置
    • ワーク移動装置(テーブルの往復運動)

第4章 プログラマブルコントローラ(PC)

  1. PCとは
  2. PCの構成
  3. PCの動作原理
  4. 入出力部
  5. 周辺機器(プログラミングパネル)
  6. FAにおけるPC

第5章 PCのシーケンスプログラム

  1. 有接点リレーとの違い
  2. 入力リレーと出カコイル
    • 入力リレー
    • 出力コイル
    • 内部コイル
  3. リレー回路とプログラムローダ
  4. リレー回路のプログラム命令
    • AND(直列)回路
    • OR(並列)回路
    • MEMORY(自己保持)回路
    • 一致回路(AND-OR回路)
    • モード選択回路(OR-AND回路)
    • キープリレー(ラッチリレー)
    • プログラム例
  5. パルス(微分)接点回
    • 立上がりパルス
    • 立下がりパルス
  6. タイマ回路
    • オンデイレータイマ
    • オフデイレータイマ
    • パルス発生回路
    • フリッカー回路
  7. カウンタ回路
  8. PCプログラム命令
  9. プログラム演習例題
3 第6章 シーケンスの表現

  1. 表現法の種類
  2. フローチャート
  3. タイムチャート
  4. シーケンス回路図
    • 展開接続図
    • PCのプログラム図

第7章 シーケンス制御回路

  1. 電動機の始動シーケンス制御(スターデルタ回路)
    • スターデルタ主回路の構成
    • 始動シーケンス
    • 始動電流値の検証
  2. 工作機械のシーケンス制御(近接スイッチによる位置決め制御)
    • 旋盤の制御機器
    • 制御回路のシーケンス動作
    • 自動旋盤の制御
  3. 簡易エレベータのシーケンス制御
    • 設備の仕様
    • 展開接続図
    • インタロック回路
    • 異常検出回路
    • PCの制御プログラム
  4. 移載装置(移載ロボット)のシーケンス制御
    • 設備の構成
    • 本装置の動作
    • 展開接続図(シーケンス論理回路)
    • PCのプログラム
  5. 給排水設備のシーケンス制御
    • 給水のシーケンス制御
    • 排水のシーケンス制御
    • 高機能レベルスイツチによる給水の自動運転
  6. 輸送設備のシーケンス制御
    • 設備レイアウト
    • 運転方案
    • シーケンス制御回路
    • PCのプログラム
  7. 反応槽のシーケンス制御
    • A液送り  (STEP1)
    • B液送り  (STEP2)
    • 撹絆・加熱(STEP3)
    • 反応中 (STEP4)
    • 排出 (STEP5)
    • PCのプログラム

第8章 シーケンス制御システムの保守・点検

  1. 保全(保守・点検)の考え方
  2. 予防保全
    • 日常点検
    • 定期点検
  3. 事後保全
  4. トラブルシューティング
  5. 電気機器(部品)の点検と保守
  6. PCの点検と保守
  7. 測定器の使用法
    • 回路計(テスタ)
    • 絶縁抵抗計(メガ)
  8. PCシステムのトラブルシューティング

第9章 シーケンス制御に関する規格

  1. 国内規格の概要
  2. 海外規格の概要
  3. 規格資料
    • 電気用図記号(JIS C O617)
    • シーケンス制御記号(JIS C 0401)
    • 制御配電装置の用語、略語ならびに定義(抜すい)(JEM 1115)
    • 自動制御器具番号(JEM 1090)

STEP1 テキストで学習!

まずは、テキストで学習をすすめていきます。本講座は1ヶ月ごとの学習範囲が決められています。その月ごとの学習範囲を終了することを目標に学習をすすめてください。月ごとの学習範囲が終了したら、STEP2へお進みください。

STEP2 レポート提出!

1ヶ月ごとの学習が終了したら、レポートにチャレンジしていただきます。レポートは月ごとの学習範囲の小テストだとお考えください。60点以上が合格で、59点以下の場合は再提出していただきます。レポートは、テキストで学習したことがきちんと身についてるか確認できるものとなっています。また、間違った箇所を中心にアドバイス等も行っています。

STEP3 復習&次の学習へ!

レポート返却後、合格点を越えていれば、次の学習範囲へ進むことができます。しかし、返却されたレポートをそのままにするのではなく、きちんと復習を行い、間違った箇所、正解したがイマイチ理解していなかった箇所を中心に復習を行ってください。復習を行って、「バッチリだ!」と感じたら、STEP1に戻って次の学習にお進みください。
また、月ごとの学習範囲は以下のようになっています。

  • 1ヶ月目 テキスト上巻(第1章から第2章)
  • 2ヶ月目 テキスト上巻(第3章から第5章)
  • 3ヶ月目 テキスト下巻(第6章から第9章)

1ヶ月目の学習範囲⇒レポート⇒2ヶ月目の学習範囲⇒レポート⇒3ヶ月目の学習範囲・・・
という流れになります。
章ごとの詳しい学習内容は「カリキュラム」のタブでご確認ください。

受講者の声

男性 25歳

JTEXさんの参考書は分かりやすいですね。ここまで詳細に内容が書かれているとは、正直思ってなかったです。日々、自分自身に力がついてきていると実感しています。今までは読めなかった制御盤の回路図も、少しずつ読めるようになり内容もわかってきました。 ありがとうございました。

男性 34歳 吉村さん 会社員

今年3月に社内異動があり、職場の先輩や同僚にも分からないことを聞きづらく、どうしたら良いかと悩んでおりました。そんなとき、インターネットでJTEXの通信教育講座を知り受講を決めました。送られてきたテキストを見ると図解で説明されている部分や事例等も理解しやすく、その後の仕事でも今までは人に聞いていた事が、自分ひとりでも出来る様になり、大変役に立っております。また、担当講師の方の指導・講評も的確で、間違えたところも解答・解説でポイントとして説明があり理解に役立ちました。

講座Q&A

Q:この講座は特に資格試験合格を目指す講座ではないようですが、最終的な目標は何ですか。

本講座はシーケンスの基礎的な知識を身につけることが最終的な目標です。「シーケンスを学んでみよう!」と思っても、なかなか独学では厳しいものだと思います。

本講座はそのような初めてシーケンスを学ぶ方を対象にした講座であり、本講座で基礎的な知識を身につけていただいた後、様々な経験を積み、より発展的なシーケンスの知識を身につけていただきたいと考えております。

Q:資格取得を目指すわけではないのに、通信教育講座を受ける必要はあるのですか。独学でも十分だと思うのですが…。

通信教育講座と独学の大きな違いは、講師に質問できるかどうかです。本講座のように初めてシーケンスを学ばれる方を対象としている講座では、多くの方が、勉強の途中で疑問点が出てきます。この時、独学では講師に質問することができず、疑問点が解決されません。その分、通信教育講座では、講師に質問ができるので、内容理解が独学より深まります。

また、独学ではどうしても、途中で勉強をやめてしまいがちです。ですが、本講座の通信講座はレポート提出が課せられているので、途中で勉強をやめてしまうことなく、コツコツと学習がしやすいような作りになっています。