第二種電気工事士受験講座(技能試験公表問題(動画配信付き))

一般受講料:29,700円

特別受講料:27,500円

講座コードK-07B

受講期間4ヶ月

難易度初級レベル

効率の良い学習で、忙しい社会人の方も「第二種電気工事士」を取得!

電気関係の資格の登竜門である第二種電気工事士は、電気関係の業務に従事する方にとって、また、設備管理技術者を志す方にとって、是非とも取得しておきたい資格の一つになっています。

第二種電気工事士の試験は、筆記試験と技能試験の2つに分かれており、ただ単に知識を手に入れるだけでは、合格ができない資格となっています。この2つの試験対策を効率良く行っていくのが、合格への近道となります。

本講座は、1ヶ月から3か月目(上巻)が筆記試験用に、4か月目(下巻)が技能試験用に編集されており、筆記試験と技能試験の両方に対応しています。過去の問題を分析し、出題頻度の高い問題を重点的に学習していく構成になっており、勉強が無駄になることはありません。忙しい方でも、効率よく学んでいくことができます。

学習目標

  • 第二種電気工事士試験の合格に必要な知識を身につけます!
  • 合格を目指すと同時に、他の試験にも適応できるような知識も身につけます!

ここが講座のポイント

  • 図や写真が豊富なわかりやすいテキストと、例題や章末問題のていねいな解説で、効率的に合格へ向けた学習ができます。
  • 問題集は、実施問題(=過去問)を筆記試験と技能試験に分けて掲載しています。
  • 動画配信では、技能試験における実際の動き(作業)を学習します。

担当講師より一言

「第二種電気工事士」試験は、難しい試験ではありません。初めての方でも本講座による学習で十分合格することができます。質問券もご活用ください。(河原 康志、技能試験担当)

資格取得概要

第二種電気工事士関連講座

教材構成

使用教材

  • 主テキスト3冊+過去問題集
  • 技能試験副テキスト(動画配信付き)
  • レポート回数:4回

著者

  • 河原 康志
  • 谷川 安治

付録詳細

技能試験副テキスト

カリキュラム

No. 主な項目
1 第1章 電気に関する蟇礎理論

  1. 電線の抵抗
    1. 導体と絶縁体
    2. 抵抗率
    3. 導電率
  2. オームの法則
    1. 電圧・電流・抵抗
    2. オームの法則
  3. 合成抵抗
    1. 直列接続
    2. 並列接続
  4. 抵抗の直並列回路
    1. 合成抵抗
    2. 電圧・電流
  5. ブリッジ回路
    1. 平衡条件
    2. 平衡しない場合の電圧計の指示値
  6. 電力
  7. 電力量・熱量
    1. 電力量
    2. 熱量
  8. 交流の基礎
    1. 正弦波交流
    2. 実効値
    3. 位相差
  9. 交流の基本回路
    1. ベクトル図
    2. 抵抗回路
    3. 誘導性リアクタンス回路
    4. 容量性リアクタンス回路
  10. 抵抗・誘導性リアクタンス直列回路
    1. 電流・インピーダンス
    2. 力率
  11. 抵抗.誘導性リアクタンス・容量性リアクタンス並列回路
    1. 電流・力率
    2. 力率改善
  12. 単相交流回路の電力・電力量
    1. 電力
    2. 電力量
  13. 三相交流回路の電圧・電流
    1. 三相交流
    2. Y結線
    3. △結線
  14. 三相交流回路の電力・電力量
    1. 電力
    2. 電力量

第2章 配電理論・配線設計

  1. 電圧の種別
  2. 電気方式
    1. 単相2線式(1Φ2W)
    2. 単相3線式(1Φ3W)
    3. 三相3線式(3Φ3W)
  3. 単相2線式(1Φ2W)
    1. 電圧降下
    2. 電力損失
  4. 単相3線式(1Φ3W)
    1. 各線に流れる電流
    2. 電圧降下と電力損失
    3. 中性線の断線
  5. 三相3線式(3Φ3W)
    1. 電圧降下
    2. 電力損失
  6. 需要率・負荷率
    1. 需要率
    2. 負荷率
  7. 電線の許容電流
    1. 600Vビニル絶縁電線(IV)
    2. 600Vビニル絶縁ピニルシースケーブル(VVF・VVR)
    3. コード
  8. 過電流遮断器
    1. 過電流遮断器の種類
    2. ヒューズの特性
    3. 配線用遮断器の特性
  9. 低圧屋内幹線の施設
    1. 太い幹線から細い幹線の分岐
    2. 幹線の許容電流
    3. 幹線を保護する過電流遮断器の定格電流
  10. 分岐回路の施設
    1. 開閉器及び過電流遮断器の施設
    2. 分岐回路の電線大さ・接続できるコンセント
    3. 分岐回路数
  11. 電動機の過負荷保護
  12. 漏電遮断器の施設
    1. 漏電遮断器の働き
    2. 漏電遮断器の施設・省略
  13. 住宅の屋内電路の対地電圧の制限
  14. 引込口配線工事
    1. 引込口配線
    2. 分電盤
2 第3章 電気機器、配線器具、電気工事用材料・工具

  1. 変圧器
    1. 変圧器の原理
    2. 電力用変圧器
    3. 絶縁変圧器
  2. 誘導電動機
    1. 誘導電動機の種類
    2. 回転速度
    3. 三相かご形誘導電動機のスターデルタ始動法
    4. 三相誘導電動機の回転方向の変更
    5. 力率改善
  3. 照明器具
    1. 照明の単位
    2. 光源の種類と特徴
    3. 蛍光灯器具
  4. 電気機器の特性
    1. 周波数特性
    2. 力率
  5. 配線器具
    1. スイッチ
    2. コンセント
    3. 差込プラグ
    4. パイロットランプ
    5. 過電流保護器等
  6. 電気工事用材料
    1. より線の構成
    2. 低圧絶縁電線
    3. 低圧ケーブル
    4. コード
    5. 金属管工事用材料
  7. 工具
    1. 電線接続・切断工具
    2. 金属管加工用工具
    3. 穴あけ工具
    4. 合成樹脂管加工用砺工具
    5. コンクリート加工用工具
  8. 鑑別(1)(工事用材料)
  9. 鑑別(2)(配線器具及び電気機械器具)
  10. 鑑別(3)(工具)

第4章 電気工事の施工方法

  1. 施設場所と工事の種類
  2. メタルラス等との絶縁・弱電流電線等との接近又は交さ
    1. メタルラス等との絶縁
    2. 低圧屋内配線と弱電流電線等との接近・交さ
  3. 電線の接続
    1. 電線の接続法
    2. 器具を用いた電線の接続
  4. 接地工事
    1. 接地工事の目的
    2. 接地工事の種類
    3. 電気機器の接地工事
    4. D種接地工事等の特例
    5. 水道管の接地極
  5. 金属管工事
    1. 金属管
    2. 使用電線
    3. 電磁的平衡
    4. がいし引き工事への移行
    5. 金属管の屈曲限度・支持点間距離
    6. 金属管の太さの選定
    7. 接地工事
    8. 金属管工事用材料
  6. 合成樹脂管・可とう電線管工事
    1. 合成樹脂管工事
    2. 可とう電線管工事
  7. ケーブル工事・がいし引き工事
    1. ケーブル工事
    2. がいし引き工事
  8. ダクト・線び工事
    1. 金属ダクト工事
    2. バスダクト工事
    3. ライティングダクト工事
    4. 金属線ぴ工事
  9. 地中電線路
    1. 使用電線
    2. 直接埋設式
    3. 管路式
  10. 特殊場所の工事
    1. 爆発するなどの危険な場所の工事の種類
    2. 爆発するなどの危険な場所の工事方法
    3. ショウウインドウ・ショウケース内の配線
  11. 特殊施設・ネオン放電灯工事
    1. 臨時配線
    2. 小勢力回路
    3. プール用水中照明灯
    4. ネオン放電灯工事

第5章 一般用電気工作物の検査方法

  1. 電気計器・検査用器具
    1. 電気計器の分類
    2. 計器の使用方法
    3. 倍率器と分流器
    4. 変流器
  2. 電気工作物の検査
    1. 検査の種類
    2. 絶縁抵抗の測定
    3. 接地抵抗の測定
    4. 負荷電流・漏れ電流の測定
    5. その他の試験・検査
  3. 鑑別(計測器)

第6章 一般用電気工作物の保安に関する法令

  1. 電気事業法
    1. 目的
    2. 電気工作物の種類
    3. 一般用電気工作物
    4. 自家用電気工作物
    5. 一般電気工作物の調査
    6. 事故報告
  2. 電気工事士法
    1. 目的
    2. 電気工事士等の資格と作業範囲
    3. 電気工事士免状の交付・再交付・書換え
    4. 電気工事士等の義務
    5. 報告の徴収
    6. 電気工事士でなければならない作業
    7. 電気工事士でなくてもできる軽微な作業
  3. 電気用品安全法
    1. 目的
    2. 定義
    3. 事業の届出
    4. 技術基準適合義務
    5. 特定電気用品の適合性検査
    6. 表示
    7. 販売の制限
    8. 使用の制限
    9. 電気用品の適用を受けるもの
  4. 電気工事業法(電気工事業の業務の適正化に関する法律)
    1. 目的
    2. 電気工事業者の登録
    3. 業務規制
3 第7章 配線図(1)(一般)

  1. 配線用図記号
    1. 配線の図記号
    2. 機器の図記号
    3. 照明器具事の図記号
    4. コンセントの図記号
    5. 点滅器の図記号
    6. 開閉器・計器の図記号
    7. 配電盤・分電盤の図記号
  2. 電灯配線図
    1. 基本回路
    2. 複線図の書き方
    3. 電線の本数
  3. 動力・電気温水器配線図
    1. 動力配線
    2. 電気温水器配線
  4. 配線図に関する法令
    1. 引込線の取付点の高さ
    2. 引込口配線の種類
    3. 引込口開閉器の省略
    4. 開閉器及び過電流遮断器の兼用
    5. 配線の太さ
    6. 配線用遮断器の素子数
    7. 分岐回路の電線太さ・コンセントの定格電流
    8. 接地工事
    9. 絶縁抵抗
    10. 地中配線

第8章 配線図(2)(材料等選別)

  1. 電気回路図
  2. 材料
    1. 照明器具
    2. コンセントなど
    3. 点滅器(スイッチ)
    4. 機器具など
    5. 電線、電線接続器具など
    6. 金属電線管工事用材料
    7. 可とう電線管工事用材料
    8. 合成樹脂管工事用材料
  3. 工具
    1. 共通工具
    2. ケーブル工事作業用工具
    3. 金属管工事作業用工具
    4. 合成樹脂管工事作業用工具
    5. 木材の穴あけ工具
    6. その他の工具
  4. 使用材料・工具の選別の要点
    1. ビニル外装ケーブル配線工事
    2. 金属管配線工事
    3. 合成樹脂管配線工事
  • 例題
4 第9章 技能試験

  1. 技能試験の作業手順
  2. 電気回路図
    1. 電源の極性と極性標識
    2. 電灯配線の基本回路
    3. 電気回路図(単線図→複線図)の作成
  3. 基本作業(1)-工具
  4. 基本作業(2)-電線接続
    1. ※電線被覆のはぎ取り
    2. ※リングスリーブによる圧着接続
    3. 差込形コネクタによる接続
  5. 基本作業(3)-ケーブル工事
    1. ※VVF・EM-EEFケーブルの外装のはぎ取り
    2. VVRケーブルの外装のはぎ取りと端末処理
    3. ※VVF用ジョイントボックス内の電線接続
    4. ※金属製アウトレツトボツクス内の電線接続
    5. ※メタルラス壁の貫通部分の工事
  6. 基本作業(4)-金属管工事
    1. ※ねじなし電線管工事
  7. 基本作業(5)-合成樹脂製可とう電線管工事
    1. ※合成樹脂製可とう電線管工事
  8. 基本作業(6)-器具の取付け・結線
    1. ※露出形器具
    2. ※埋込連用形器具
  9. 電線、ケーブルの切断・被覆のはぎ取り寸法の決め方
  10. 技能試験の実際
  11. 技能試験の合格・判断基準

※印は、ビデオ・DVD教材で取り上げている箇所

「技能試験偏」ビデオ・DVD教材

  1. 電線接続~電線被覆のはぎ取り
    1. 鉛筆むき
    2. 直角むき
  2. 電線接続 ~リングスリープによる圧着接続
  3. 電線接続 ~電線2本のねじり接続
  4. 電線接続 ~電線3本のとも巻き接続
  5. 電線接続 ~電線コネクタによる接続
    1. ねじ込形電線コネクタ接続
    2. 差込形電線コネクタ接続
  6. ケーブル工事 ~外装のはぎ取り
  7. ケーブル工事 ~ジョイントボックス内の電線接続
  8. ケーブル工事 ~金属製アウトレットボックス内の電線接続
  9. ケーブル工事 ~メタルラス壁の貫通部分の工事
  10. 金属管工事 ~ねじなし電線管工事
    1. 管とボックス類との接続
    2. 管とボックス類との接地
  11. 金属管工事 ~薄鋼電線管工事
    1. 管とボックス類との接続
  12. 合成樹脂製可とう電線管工事
    1. 管とボックス類との接続
  13. 器具の取付け・結線 ~露出形器具
    1. 「輪作り」
    2. ランプレセプタクルヘの接続・結線
    3. 露出形コンセントへの接続・結線
    4. 露出形3路タンブラスイッチヘの接続・結線
    5. 引掛シーリングローゼットヘの接続・結線
  14. 器具の取付け・結線 ~埋込連用形器具への接続
    1. 連用取付枠への取付け・結線
    2. 埋込連用形器具への取付け・結線

「第二種電気工事士受験講座」(別冊)

  1. 受験ガイド
  2. 受験ガイド
    1. 第二種電気工事士試験とは
    2. 第二種電気工事士免状を取得すると
    3. 試験の概要
    4. 申込みから資格取得まで
  3. 筆記試験編
    1. 筆記試験 学習ガイド
      1. 出題科目・出題数
      2. 効果的な学習方法
      3. 学習の進め方
    2. 筆記試験 演習問題
      1. 電気に関する基礎理論
      2. 配電理論・配線設計
      3. 電気機器、配線器具、電気工事用材料・工具
      4. 電気工事の施工方法
      5. 一般用電気工作物の検査方法
      6. 一般用電気工作物の保安に関する法令
      7. 配線図(1)(一般)
      8. 配線図(2)(材料等選別)
    3. 筆記試験 実施問題
      1. 筆記試験 実施問題
      2. 筆記試験 実施問題の解答・解説
  4. 技能試験編
    1. 技能試験 学習ガイド
      1. 技能試験の内容
      2. 技能試験の合格基準
      3. 効果的な学習方法
    2. 技能試験 演習問題
      1. 技能試験 演習問題1
      2. 技能試験 演習問題2
      3. 技能試験 演習問題3
    3. 技能試験 実施問題
      1. 技能試験 実施問題1
      2. 技能試験 実施問題1の解答・解説
      3. 技能試験 実施問題2
      4. 技能試験 実施問題2の解答・解説
  5. 計算の墓礎
    1. 計算の基礎
      1. 数式記号
      2. 分数の性質
      3. 指数
      4. 平方根
      5. 等式の性質
      6. 円の面積
      7. 度数法と弧度法
      8. 三平方の定理
      9. 三角比
      10. ベクトルの加法
      11. 例題
  6. レポート課題
    • 1か月目レポート(T1)
    • 2か月目レポート(T2)
    • 3か月目レポート(T3)
    • 4か月月レポート(T4)
    • 資格取得の概要(電気工事士)

STEP1 テキストで学習!

まずは、テキストで学習をすすめていきます。本講座は1ヶ月ごとの学習範囲が決められています。その月ごとの学習範囲を終了することを目標に学習をすすめてください。月ごとの学習範囲が終了したら、STEP2へお進みください。

STEP2 レポート提出!

1ヶ月ごとの学習が終了したら、レポートにチャレンジしていただきます。レポートは月ごとの学習範囲の小テストだとお考えください。60点以上が合格で、59点以下の場合は再提出していただきます。レポートは、テキストで学習したことがきちんと身についてるか確認できるものとなっています。また、間違った箇所を中心にアドバイス等も行っています。

STEP3 復習&次の学習へ!

レポート返却後、合格点を越えていれば、次の学習範囲へ進むことができます。しかし、返却されたレポートをそのままにするのではなく、きちんと復習を行い、間違った箇所、正解したがイマイチ理解していなかった箇所を中心に復習を行ってください。復習を行って、「バッチリだ!」と感じたら、STEP1に戻って次の学習にお進みください。
また、月ごとの学習範囲は以下のようになっています。

  • 1ヶ月目 テキスト上巻(第1章から第2章)
  • 2ヶ月目 テキスト上巻(第3章から第6章)
  • 3ヶ月目 テキスト上巻(第7章)
  • 4ヶ月目 テキスト下巻(第8章)

1ヶ月目の学習範囲⇒レポート⇒2ヶ月目の学習範囲⇒レポート⇒3ヶ月目の学習範囲・・・
という流れになります。
章ごとの詳しい学習内容は「カリキュラム」でご確認ください。

また、月ごとに学習範囲が定められているテキストとは別に、演習問題等の別冊テキストや技能試験対策用のDVD教材があります。
これらは、自分の好きなタイミングで学習していく教材となるため、学習期間等はありません。

受講者の声

Eさん 電気計装工事設計会社勤務 50代男性 横浜市

とにかくわかりやすく、合格することが出来た。

男性 32歳

分かりやすいテキストだと思います。計算過程がもう少し詳しく書いてあればベストだと思います。

男性 32歳

分かりやすいテキストだと思います。計算過程がもう少し詳しく書いてあればベストだと思います。

男性 30代 会社員

JTEX様の通信教育は他と比べると安価で良いと思います。通信教育の種類としては少なく、種類が増えればまた利用したいと思います。

男性 60代 パート勤務

学科試験の方は、1回で合格しましたが、実技の方が2回とも失敗しました。性格の面だあると思いますが、時間がどうしても足りませんでした。ただし、長く船の機関士で電気も扱っていましたが、別の面でもとても勉強になりました。ありがとうございました。

40代 制御盤の配線・組立作業

第2種電気工事士の受検申し込みが間に合わず、その年、第1種電気工事士を受検し、合格(学科)しました(技能は翌年合格)。第1種電気工事士の講座は受講しておりませんが、内容が重複しており、十分活用できました。
最初は本屋さんで買ってきた本で勉強してたいのですが、分かりづらく、貴社の講座を受講したのですが、とても良かったです。

講座Q&A

Q:学習を始めるのであれば、何月頃が適切ですか。

一人一人の学習のペースが違うので、一概には言えませんが、おおよそ試験日の4ヶ月~6か月前に学習を始めるのがベストではないでしょうか?例年、筆記試験は6月と10月に行われるので、それに合わせて学習計画を立てることをおススメします。

ですが、「資格試験に挑戦しよう!」と思った時に学習を始めるというのも良い考えだと思います。先延ばしにしてしまうと、どうしてもモチベーションが下がってしまいます。「思い立ったらすぐ行動!」という精神も大事だと思います。

Q:初級レベルということは簡単に合格できるのですか?

初級レベルといっても、第二種電気工事士の資格は国家資格です。きちんとした学習を行わなければ合格はできません。また、合格率は約60%と高めですが、40%の人は不合格です。このように考えると、適切な学習が必要です。

本講座を使って、学習を行っていただければ、十分合格することができます。また、第二種電気工事士試験の勉強は、電験などの電気関係資格を取得される際に、基礎的な知識として役立ちます。

第二種電気工事士の資格のためにも、今後取得を目指す電気関係資格のためにも、適切な学習が必要です。