基礎から学ぶ電気理論

一般受講料:18,700円

特別受講料:16,500円

講座コードE-02

受講期間3ヶ月

難易度中級レベル

基礎から学べる!電気理論の知識を身につける方法がここに!

3ヶ月でマスター!電気理論を身に付けて、難関資格への1歩を踏み出す!

電気技術の進歩は大変顕著なものです。電気技術は、機械技術など、他の技術分野においても必要不可欠な技術となっています。よって、電気技術を学ぶということは、他の技術を学ぶことにもつながると言えます。今まで電気技術を学んだことのない人でも、本講座であれば基礎から学ぶことができるので、安心して学習することができます。

この講座は、大別して次の4ブロックから構成されています。

  1. 電流と電圧の関係、直流回路、電気と熱の相互作用を学習。
  2. 磁気や静電気の性質と、それぞれの現象に応じた計算のしかたを学習。
  3. 交流の性質と、ベクトルおよび複素数を用いた記号法による回路計算のしかたを学習。
  4. 単相および三相電力、四端子網や過渡現象の基礎を学習。

電気理論について学ばれてきた方でも、上に挙げた4ブロックの中で、あれ?と思う部分があった方もいらっしゃると思います。電気理論は身についていると思っていても、案外抜けている部分があるものです。

本講座では、学習したところを忘れてしまわないように、基礎からみっちり学習をしていきます。基礎から学んでいくので、初めて学ぶ方も安心して学ぶことができます!たった3ヶ月で電気理論が身につきます!本講座で、電気理論の基礎知識を手に入れましょう!

学習目標

  • モータなどの電気機器、テレビなどの電子回路、電気工事などに応用する直流、交流、磁気、静電気などの基礎的な電気の知識を学習する。
  • 技術者にとって必携の電気理論を身につける。

ここが講座のポイント

  • すべての資格試験に通じる、電気理論を身につけられます。
  • 基礎講座ですので、はじめての方でも理解できるようなテキストです。
  • 39に分類した項目のテキストで、詳細に学習をすることができます。

充実のサポート

  • レポート提出3回で、苦手分野克服をサポートします!
  • わからないところは、質問券を使って、講師に質問できます!

基礎から学ぶ電気理論の関連講座

教材構成

使用教材

  • テキスト2冊(上巻・下巻)
  • レポート(提出回数3回)

著者

  • 飯高 成男
No. 主な項目
1
  1. 電圧と電流
    1. 水路と電路
    2. 電位・電位差(電圧)
    3. 起電力
    4. 起電力と端子電圧
    5. 電流や電圧の単位と指数の計算方法
  2. 直流と交流
    1. 直流と交流はどのようなものか
    2. 直流を得る方法とその利用
    3. 交流を得る方法とその利用
    4. 電源、負荷、計器の図記号
  3. 電気抵抗
    1. 電気抵抗
    2. 抵抗器
  4. オームの法則
    1. 電圧と電流の関係
    2. オームの法則
  5. 抵抗の接続
    1. 直列接続と並列接続
    2. 直列接続
    3. 並列接続
    4. 抵抗の直並列接続
  6. キルヒホッフの法則
    1. キルヒホッフの法則
    2. キルヒホッフの法則による回路の解き方
  7. ブリッジ回路
    1. ブリッジ回路
    2. ブリッジの平衛条件
    3. ブリッジによる抵抗の測定
  8. 電気抵抗の温度変化
    1. 温度変化による抵抗の変化
    2. 抵抗の温度係数
    3. 温度による抵抗変化の利用
  9. 電流と熱の関係
    1. ジュールの法則
    2. ジュール熱の利用
    3. ジュール熱と電線の許容電流
  10. 電力と電力量
    1. 電力
    2. 電力量
    3. 電力と電力量の測定
  11. 熱電気現象
    1. 熱電効果
    2. ペルチェ効果
  12. 電池とその取扱い
    1. 電池の働き
    2. 電池の種類
    3. 電池の接続
    4. 電池の取扱い上の注意
  13. 磁石と磁気
    1. 磁石の性質
    2. 磁力
    3. 磁界
    4. 磁力線と磁束
    5. 磁気誘導
  14. 電流の磁気作用
    1. コイルの働き
    2. 電流がつくる磁界の強さ
    3. 円形コイルの磁界の強さ
  15. 磁気回路
    1. 磁気回路
    2. 磁気回路と電気回路の比較
    3. 透磁率と磁気回路
    4. 磁束密度と磁界の大きさの関係
    5. 環状鉄心の磁気回路
  16. 電磁力
    1. 電磁力の発生
    2. 電磁力の利用
  17. 電磁誘導作用
    1. コイルに発生する起電力
    2. 磁界中で運動する導体に発生する起電力
    3. 電磁誘導作用の応用
  18. インダクタンス
    1. 自己誘導と自己インダクタンス
    2. 相互誘導と相互インダクタンス
    3. 自己インダクタンスと相互インダクタンス
2
  1. 静電気
    1. 静電気の性質と静電誘導
    2. 電荷間に働く力
    3. 電束
    4. 比誘電率
  2. 静電容量
    1. 電荷を蓄える方法
    2. 静電容量の大きさ
  3. コンデンサ
    1. コンデンサとは
    2. コンデンサの種類
    3. コンデンサの表示
    4. コンデンサの接続
    5. コンデンサの絶縁破壊
    6. コンデンサの充電と放電
  4. 交流の表し方
    1. 正弦波交流
    2. 正弦波起電力
    3. 弧度法による角度の表し方と角速度
    4. 周波数と角周波数
    5. 正弦波交流の表し方
    6. 周波数と周期
    7. 位相
  5. 交流とベクトル
    1. 正弦波交流とベクトル
    2. ベクトルの扱い方
  6. 交流とRLCの働き
    1. 抵抗だけの回路
    2. コイルだけの回路
    3. コンデンサだけの回路
  7. 交流とRL直列回路
    1. RL直列回路
    2. RL直列回路のインピーダンス
  8. 交流とRC直列回路
    1. RC直列回路
    2. RC直列回路のインピーダンス
  9. 交流とRLC直列回路
    1. Xl>Xcの場合のRLC直列回路
    2. Xl>Xcの場合のインピーダンス
    3. Xl<Xcの場合のRLC直列回路
    4. Xl<Xcの場合のインピーダンス
  10. 共振回路の性質
    1. 共振はどうして起きるのか
    2. 共振周波数
    3. 直列共振回路の性質
  11. 交流とRLC並列回路
    1. RL並列回路
    2. RC並列回路
    3. RLC並列回路
    4. 並列共振回路
3
  1. 交流と複素数
    1. 複素数の性質
    2. ベクトルの複素数表示
    3. R、L、C回路の記号法
    4. 簡単な回路への応用
  2. アドミタンスと複雑な交流回路の計算
    1. アドミタンスによる計算
    2. 複雑な交流回路の計算
  3. 交流の電力
    1. R、L、Cの電力
    2. RL直列回路の電力
    3. 力率
    4. 皮相電力と無効電力
  4. 変圧器
    1. 変圧器の構造
    2. 鉄損
    3. 変圧器の原理
  5. 三相交流
    1. 三相交流の発生
    2. 三相交流の性質
  6. 三相交流回路
    1. 三相交流のつなぎ方
    2. Y-Y結線
    3. △-△結線
    4. V-△結線
  7. 三相電力
    1. 三相電力の求め方
    2. 三相電力の測定
  8. 回転磁界
    1. 三相交流による回転磁界の発生
    2. 三相誘導電動機
  9. 四端子網
    1. 四端子網の基本式
    2. 四端子定数の意味
    3. 開放・短絡インピーダンス
    4. 代表的な回路鋼の四端子定数
  10. 過渡現像
    1. 過渡現像とは
    2. CR充電回路の過渡現像
    3. CR放電回路の過渡現像
    4. RL充電回路の過渡現像
    5. 過渡現像の応用

STEP1 テキストで学習!

まずは、テキストで学習をすすめていきます。本講座は1ヶ月ごとの学習範囲が決められています。その月ごとの学習範囲を終了することを目標に学習をすすめてください。月ごとの学習範囲が終了したら、STEP2へお進みください。

STEP2 レポート提出!

1ヶ月ごとの学習が終了したら、レポートにチャレンジしていただきます。レポートは月ごとの学習範囲の小テストだとお考えください。60点以上が合格で、59点以下の場合は再提出していただきます。レポートは、テキストで学習したことがきちんと身についてるか確認できるものとなっています。また、間違った箇所を中心にアドバイス等も行っています。

STEP3 復習&次の学習へ!

レポート返却後、合格点を越えていれば、次の学習範囲へ進むことができます。しかし、返却されたレポートをそのままにするのではなく、きちんと復習を行い、間違った箇所、正解したがイマイチ理解していなかった箇所を中心に復習を行ってください。復習を行って、「バッチリだ!」と感じたら、STEP1に戻って次の学習にお進みください。
また、月ごとの学習範囲は以下のようになっています。

  • 1ヶ月目 テキスト上巻(1から18)
  • 2ヶ月目 テキスト下巻(19から29)
  • 3ヶ月目 テキスト下巻(30から39)

1ヶ月目の学習範囲⇒レポート⇒2ヶ月目の学習範囲⇒レポート⇒3ヶ月目の学習範囲・・・
という流れになります。
章ごとの詳しい学習内容は「カリキュラム」のタブでご確認ください。

講座Q&A

Q:似たような名前の「基礎電気数学」という講座がありますが、違いはありますか。

「基礎電気数学」は、講座名の通り、数学の学習が主となります。電気に関連する数学を学ぶため、連立方程式といった計算や、指数関数など、中学や高校の数学の復習だとお考えください。

一方、本講座の「基礎から学ぶ電気理論」は、電気に関する学習をすすめていきます。電圧と電流、オームの法則、磁石と磁気など、数学というよりは、電気に関連することを学習します。電気に関する基本的な事項を学びたい方は、本講座をご受講ください。

Q:この講座で学んだあとは、どのような資格にチャレンジできますか。

本講座は、あくまでも電気理論を学習するものなので、本講座を受講したからと言って、すぐに何か資格を取得できるということはありません。ですが、きちんと基礎を身につけることで、様々な資格試験対策の学習が効率よく行えます。具体的には、電験三種試験や、電気工事士、電気通信の工事担任者といった、電気を扱う資格試験に有効です。

また、資格試験に挑戦しない場合でも、技術者にとって最低限必要な電気に関する知識を得るために必要な講座と言えます。