1級管工事施工管理技士受験合格講座

一般受講料:31,900円

特別受講料:29,700円

講座コードD-27

受講期間4ヶ月

難易度上級レベル

1級管工事施工管理技士合格を目指すならこの講座!

難関試験、1級管工事施工管理技士を突破するノウハウがここにある!

建設、配管工事会社において、1級管工事施工管理技士は営業所・工事現場ごとに設置義務があります。その上、入札時にも、有資格者の人数が大きく影響するため、管工事会社をはじめとする建設業において、1級管工事施工管理技士は、大きな評価を得られる資格です。

大きな評価につながる資格であるからこそ、1級管工事施工管理技士の資格試験は難関資格と言われています。試験にむけて効率良く学習をしていくことが、合格への一番の近道となります。

効率良く学習を行うためには、予備校や勉強会に参加する方法が考えられます。しかし、予備校では15万円程度、勉強会も2日間で5万円程度かかるものが多く、非常に高額です。また、高額の上に、仕事があり、予備校や勉強会に参加できないということも考えられ、結果的に効率が悪い勉強法となってしまう可能性が高いのです。

わからない点は「質問券」で質問することができますし、実地試験用のテキストもご用意しております。通信教育ですが、合格率からもわかるように、予備校や勉強会と同等もしくはそれ以上の高い質を誇っています。

仕事と両立しながら資格取得を目指したい方、新たに資格取得を目指したい方に、是非とも本講座をご受講して頂きたいです。本講座で、難関資格、1級管工事施工管理技士の合格を目指しましょう!

学習目標

  • 1級管工事施工管理技士合格を目指します!
  • 学科、実地試験の両方に対応できる知識を身につけます。

ここが講座のポイント

  • 「学科試験要点テキスト」「実地試験スーパーテキスト」「即戦問題集」の3冊の主テキストで、総合的に学べます。
  • 必要事項は、項目別・箇条書きなどで簡潔にわかりやすく説明しています。

充実のサポート

  • レポートは丁寧に添削、解説等を行っています。
  • 実地試験のレポートも添削いたします。
  • 在籍期間中は、質問券を使って講師に質問ができます。

資格取得概要

1級管工事施工管理技士受験講座

教材構成

使用教材

  • テキスト2冊(要点テキスト学科試験・実践セミナー実地試験)
  • 別冊:「問題集」
  • レポート回数:必修課題4回、任意提出課題1回

テキスト改訂時期について

1級管工事施工管理技士受験合格講座のテキストは、毎年改訂を行っております。以下の予定で毎年改訂を行っておりますので、ご確認の上、お申込ください。

学科テキストは、毎年6月頃に新版となります。

実地テキストは、毎年9月頃に新版となります。

※6月から8月の間までにお申込のお客様には、新しいテキストで学習していただくために、実地テキストを後送りさせていただいております。はじめに学科テキストで学習していただき、後ほどお送りする実地テキストで学習していただく形となります。

編集

  • (訓) 日本技能教育開発センター
No. 主な項目
1 第1章 一般基礎

  • 気象
  • 環境
  • 熱と伝熱
  • 空気
  • 流体
  • 腐食・防食に関する基礎知識の解説

第2章 電気設備

  • 概説
  • 配線・配管及び接地工事 他

第3章 建築工事

2 第4章 空気調和設備

  • 空調負荷
  • 空調装置容量と空気線図
  • 空気調和設備の各方式
  • 暖房設備 他

第5章 給排水衛生設備

  • 上水道
  • 下水道
  • 給水・給湯・排水・通気
  • 消火
  • ガスなどの各設備
  • し尿浄化槽の解説
3

第6章 機器・材料

  • 空気調和・換気設備・給排水衛生設備に共通な機材
  • 空気調和・換気設備用機材および給排水衛生設備用機材の解説

第7章 施工管理

  • 施工計画
  • 工程管理
  • 品質管理
  • 安全管理
  • 設備施工

第8章 関連法規

  • 労働安全衛生法
  • 労働基準法
  • 建築基準法
  • 建設業法
  • 消防法
  • 浄化槽法
  • 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 他
4 実地試験

  • 設備施工
  • 施工管理
  • 関連法規
  • 経験記述