知的財産権入門(特許調査・出願から特許戦略・権利行使まで)

一般受講料:18,700円

特別受講料:16,500円

講座コードB-55

受講期間3ヶ月

難易度中級レベル

特許・知財の基礎知識を身につける!

特許の基礎知識を身につけ、これからの特許戦争を勝ち抜こう!

近年、産業界をはじめ、大学、研究所、行政に至るわが国全体で、知的財産権について真剣に検討が行われ始めています。
1993年に数学的解放特許、1995年には電子マネーに関する特許、そして1997年にソフトウエアの媒体特許が認められるようになり、技術進歩に伴って特許法の改正や追加等が行われており、1998年以降はインターネットを応用した電子出願時代を迎えるまでになっています。
企業においても、ここ最近、知的財産権の重要性が問題視されるようになってきています。

本講座では、知的財産権に関する基礎知識から、特許戦略、特許権利行使までを学びます。

学習目標

  • 知的財産権に関する基礎知識を習得する。
  • 特許明細書の書き方について学ぶ。
  • 企業の特許戦略について学ぶ。

教材構成

使用教材

  • テキスト1冊
  • レポート(提出回数2回)

著者

カリキュラム

No. 主な項目
1・2か月目 第1章 知的財産権とは

  1. 知的財産権とは
  2. 企業での特許戦略
  3. 特許法

第2章 特許出願から審査請求、登録まで

  1. 出願前の準備
  2. 先行技術(特許)調査方法
  3. 特許出願のステップ
  4. 電子出願
  5. 特許庁ホームページ

第3章 アイデアを特許にするために

  1. アイデアを特許にするには
  2. アイデア発想方法
  3. アイデアを生み出すために
  4. TRIZ
  5. TRIZベースのソフトウエアTechOptimizer
  6. イノベーション支援ツールColdnre Innovator

第4章 ビジネスモデル特許とは

  1. ビジネスモデル特許とは
  2. ビジネスモデル特許事例

第5章 特許明細書の書き方

  1. はじめての特許明細譜作成時の注意事項
  2. ソフトウェア/ビジネスモデル特許の書き方(実例説明)
3か月目 第6章 特許戦略の基礎

  1. 特許戦略の概念
  2. 特許を生み出す
  3. 特許の概念
  4. 特許の世界観を把握
  5. ポジショニング論の基礎(インパクトの概念)
  6. 組織論

第7章 知的財産権関連資料編

  1. 世界の特許権について
  2. 世界における特許の潮流
  3. アメリカの特許戦略(プロパテントとアンチパテント)
  4. 世界の中での日本の特許戦略
  5. 標準化と特許戦略
  6. 特許権侵害について
  7. 特許権の侵害による損失
  8. 特許権侵害に対する対応策
  9. 特許侵害と損害賠償(アメリカと日本)

第8章 特許ライセンス料

  1. 特許ライセンス料について
  2. 特許ライセンスとは
  3. ライセンス料の目安
  4. ライセンス料の算出手法
  5. 知的財産の価値評価
  6. 特許証券の時代がくる(特許証券市場
  7. 特許ABS