ものづくりの「アイデア自由自在」

一般受講料:17,6000円

特別受講料:15,400円

講座コードA-22

受講期間2ヶ月

難易度中級レベル

売れる商品のアイデアの出し方――アイデア発想法のコツを学ぶ!

頭のスイッチを切りかえて、アイデア自由自在!

いまビジネスの現場では、あなたのフレッシュな頭脳が求められています。商品開発や宣伝・販促活動ばかりでなく新しい営業方法や生産現場での作業改善、事務改善などあらゆる場面で新しいアイデアが他社との競争を勝ち抜くための“切り札”として切望されているのです。

アイデア発想は訓練次第で自由自在に出すことができます。あなたのフレッシュな頭をさらにブラッシュアップして、あらゆる問題解決に対応できる「頭の体力づくり」にチャレンジしてみませんか。

学習目標

  • 売れる商品のアイデアを得るためには、その商品についての日頃の問題意識が必要です。その問題意識をもたせるための環境づくりを行います。
  • これまで成功した発明や商品開発がどのようなヒントから得られたのか、前例を参考にその方法を学びます。
  • アイデアの発想には一定の法則があります。その法則を知ることにより「目からウロコ」のようにアイデアは簡単に発想できます。本講座でその方法を学びます。

ものづくりの「アイデア自由自在」の関連講座

教材構成

使用教材

  • テキスト1冊
  • レポート(提出回数2回)

著者

  • 上坂 且(等価変換創造学会、NPO 法人コアネット)
    (中・高校生に“夢”を持たせる教育)
    (商品開発実務経験35年、世界のヒット商品アイスリーム製造器「どんびえ」開発者)

カリキュラム

No. 主な項目
1 第1章 発想の基礎づくり

  1. ビジネスの世界に正解はない
  2. 何でもチャレンジ
  3. 現場体験に挑戦しよう
  4. クレーム処理は「アイデアの宝庫」
  5. 「悩み」人を成長させる
  6. 人の能力は「経験」によってつくり出される

第2章 ものの見方、考え方

  1. 同じ形ができる自然の不思議
    1. 緑の葉を付けた樹木
    2. 木の葉を落とした樹木
    3. 草の根
    4. 草の葉
    5. ナイル河のデルタ
    6. 地図の河川
    7. 血管、肺
    8. 神経
    9. 共通する「枝分かれパターン」
  2. 「クサビ」のメカニズム
    1. クサピとは
    2. ネジ
    3. クサピの応用例
  3. 原理を見つける
  4. 見方を変えてみる
  5. 既成概念にとらわれない

第3章 アイデアはすべて小さなヒントから

  1. アルキメデスの原理
  2. 「ペニシリン」の発明
  3. マジックテープ(面ファスナー)
  4. インクジェット・プリンター
  5. 聴診器の発明
  6. マラリアの薬「キニーネ」から
  7. ティーバッグの誕生
  8. ファスナーのはじまり
  9. 「どんびえ」の開発
2 第4章 アイデアを出そう

  1. 「なにか」を思いついたら
  2. アイデアの出し方
    1. ブレーンストーミング(集団発想法)
      1. ブレーンストーミング(記述法)で準備するもの
      2. ブレーンストーミング(記述法)のすすめ方
    2. KJ法(アイデアのまとめ方)
    3. チェックリスト法
    4. 動作作画法
      1. 開発テーマの設定
      2. 理想化
      3. 動詞化
      4. 参考事例の列挙
      5. 略図化
      6. 応用と具体化
      7. 完成(アイデア発想、発明)
    5. 曲がるストローのアイデア発想の例
    6. 「どんびえ」の冷却性能の改善
    7. 動詞作画法の使い方
      1. 寝ているお相撲さんを片手で動かす
      2. 簡易物干しのアイデア
      3. 材木の運搬方法

第5章 人を動かす人の心

  1. 心の動きが決める消費行動
  2. 心の中を探索する
    1. 心の安定
    2. 「喜・怒・哀・楽」すべては感情が出発点
    3. 欲望・願望
    4. 目標と努力
    5. 感嘆・驚き
    6. 自己表現・パフォーマンス
    7. 同意
    8. 敬意
    9. 感謝
    10. 回想

第6章 売れる商品を作ろう

  1. もの作りの楽しさ
  2. 商品の区分と種類
  3. 商品を比較する
  4. 売れる商品を探そう
  5. 商品の進化
  6. 売れる商品のポイント
  7. 商品コンセプトの考え方
  8. お客はだれか
  9. 商品コンセプトづくり
    1. 使用者サイドの商品コンセプト
    2. 購入者サイドの商品コンセプト
    3. 販売サイドの商品コンセプト
    4. ものづくりサイドの商品コンセプト
  10. 企画書の書き方
  11. アイデアから商品まで
    1. 商品コンセプト
    2. 事前調査
    3. 特許調査と出願
    4. 企画会議で承認
    5. 開発計画書の作成
    6. 他社商品関連商品の調査
    7. デザイン
    8. 設計
    9. 試作試験
    10. 原価計算
    11. モニター試験
    12. セールス・プロモーション計画
    13. 価格の決定
    14. 商品化の決定
    15. 新製品発表